宝石買い取り.net

鑑定書があるだけでこれだけ違う|宝石買い取り.net

宝石は購入するときに、鑑定書というのがついてきます。この鑑定書は、宝石が本物であるということを証明するものでもありますので、買取をしてもらうときにも必要です。鑑定書がないと、この宝石は本物なの?と疑いを持たれてしまいます。もちろん鑑定士はくわしくチェックをするので、本物かどうか判断はつくのですが、次に購入する人のことを考えてみてください。もし自分が中古で購入するなら、宝石を証明する鑑定書がついているかどうか、気にするでしょう。鑑定書があるもののほうが、買いたい気持ちにさせてくれるはずです。

もちろん、鑑定書があるかどうかによって査定額もかわります。鑑定書があるほうが売れやすいので、その分高い買取額を提示してでも買取したい、業者はそう思うのです。

昔購入したものだから、もう鑑定書がないという人は仕方がありません。でも、家のどこかにあるはず!という場合は、諦めずに探してみてください。鑑定書があるかないかで買取額が変わりますので、探す価値はあると思います。今後宝石を購入する際は、必ず鑑定書をなくさないように保管しておきましょう。もしもなくても、本物で宝石としての価値があれば買取はしてもらえるので安心してくださいね。